これからの教育とは?

子供に対する教育の仕方

教育の仕方は人様々であるが、子供に好かれるタイプは怒らない親です。
怒らない親が増えている中、子供のマナーがますますひどくなっているといわれていますが、怒らずとも子供のマナーが身につく方法があります。
それは違う、これは違うと否定することよりもずっと良いことで、違うのならいい方向へ手招きしながら導いていく方法です。
導かれた子供は自分で失敗と成功を学び、どうすれば人生がうまくいくのかを知ることができます。
もし子供が何回も失敗してしまったら、そのときにアドバイスをわかりやすい言い方で教えてあげればいいのです。
決して甘やかさないように接することが重要です。
放任したようにみせかけて、ところどころで的確なアドバイスをあげ、子供の成長を促すことができる親は案外少ないものです。
放任するだけなら簡単ですが、それは教育とは言いません。
親は子供が考える倍考えて、子供の将来を明るいものにしていかなければならない義務があります。
そうやって育てられた子供は、自分か気づかぬうちに成長していることを知り、ようやく一人前となって巣立っていきます。
その際、親の助けがなくここまできたと勘違いする子が出てくる、と心配される親もいますが、もしあなたがきちんとアドバイスをあげていれば、子供は無意識にそれを覚えているものです。
尊敬は代償なしには与えられないし、独りよがりでももらえません。
あなたがもし子供からの尊敬を得たいのであれば、子供ときちんと会話をとりましょう。